1. ホーム
  2. 採用サイト ホーム
  3. 社員からのメッセージ

社員インタビュー

プログラマー谷 直樹入社4年

自分のキャリアを自分で組み立てられるのは恵まれた環境だと思います。

谷 直樹

入社前は東京のIT会社で、SEとして働いていました。700名規模の大きな会社だったため、キャリアが長くなるほど管理業務が増大。自分はエンジニアとしてプログラムを書いたり、設計をすることも好きなので、管理業務だけの毎日には少し物足りなさを感じていたんです。地元にUターンしたいという思いも重なり、取引先の多さ(業務範囲の広さ)と丁度良い規模感に魅力を感じ当社に応募。入社の決め手は「地元に帰りたい気持ちは分かるよ」と気さくに応じていただいた社長の人柄だと思います。

入社後はとても自由な雰囲気を感じました。前職では仕事の進め方にも細かいルールがあり、自分の判断で変えられることはわずか。しかし、ここではそれぞれの裁量に任せられる部分が多く、上司の判断が必要な時もしっかりと耳を傾けてくれます。

今は金融機関向けのシステム開発に携わり、そのリーダーを任せられています。入社以来、私はエンドユーザー向けの案件を社内で開発することが多いのですが、他社へ派遣されて仕事をしたこともあります。どちらが良いということはありません。エンドユーザー向け案件ではお客さまと直接やり取りしながら作るというやりがいがありますし、派遣では一人のエンジニアとして集中して仕事に打ち込むという面白さがあります。

社長を始めこの会社には非常に面倒見が良い人が多いです。気軽に飲みに誘ってくれて、話しを聞いてくれたりします。WEBに強い人、古いシステムに強い人、3Dに強い人と人材も多岐に渡っており、そのおかげで案件も色々あります。なので当社に転職される方もこれまでの経験をきっと活かせると思います。

自分の希望や意志を言いづらい空気はありません。将来のキャリアパスを考えて、ちゃんと声を聞いてくれる会社です。大きな安心感に包まれながら、自分の未来を描きやすい会社なんです。

プログラマー西江 洋平入社3年

IT業界に少しブラックなイメージを持っていて、ある程度は覚悟していましたが僕が間違っていました(笑)

西江 洋平

L就職活動中に会社説明会で当社に出会いました。社長の話を聞き、見た目はちょっと怖いけど、とても良い人だと直感で思ったんです。この人の下で働いてみたいと、面接を希望しました。

入社後は約2カ月の研修に参加しました。大学でもITを学んでいましたが知識不足を実感。新たに学ぶことも多かったです。仕事はOJTで教わり、直属の上司からマンツーマンで指導を受けています。些細な質問や業務外のことは2年上の先輩によく相談しています。年齢も近いので、気軽に話せて助かっていますね。未熟故に私の仕事が遅くなりそうだと、「ほらほら。明日でいいから早く帰んなさい。」と言ってくれる会社なんです。

今は谷さん(上記インタビュー参照)の下で金融機関向けのシステム開発に携わっています。その前は薬局向けの受発注システムを担当していました。自分にできる仕事はまだわずかなのですが、「システムが使いやすい」「業務がラクになった」など、担当したシステムの評判を聞くと、とても嬉しくなります。

プログラマー田口 洋介入社11年

長く働くには良い会社です。 業界で生き残るためのリスクマネジメントが優れていると思います。

田口 洋介

当社で働き始めたのは今から10年前です。最初の面接でいきなり社長と話をする機会をもらい、トップと直接話ができる会社なら安心だろうと入社を決めました。当時はほぼ未経験だったので、最初の仕事はテスターだったと思います。この業界で働く新人なら誰もが通る道ですね。

数カ月研修をした後、他のIT企業に出向。そこでは常駐先の方に恵まれ、初めて経験する3Dの技術を丁寧に教えてもらいました。それから7年間、同じ出向先で働き続け、当時の携帯電話のグラフィックプログラミングに携わりました。3年前に新たな出向先へ異動することになり、現在まで勤務。担当しているのは経験を生かした3D技術の研究開発です。詳しくは話せないのですが出向先企業の先行研究で、その成果は業界の見本市などで披露されます。

当社は自由です。やりたいこと、学びたいことがあれば、誰だって手を挙げることができますし、希望をくみ取ってくれる会社です。「こんな仕事がしたい」とか「こんな働き方がしたい」と主張できなくても、それが声に出てくるまで温かく見守ってくれているのを感じます。社歴が短い人には放って置かれてると思うかもしれませんが(笑)

そして徹底したリスクマネジメントが強みだと思っています。エンジニアのスキルが重ならないように受注先を分散する、業界に特化しない、社内と社外の業務バランスを取る、メーカーと直取引をする、など口では簡単に言えますが、上層部の方々が大変な労力を費やしてリスク管理をしてくれているのだと感じます。私は他社の方々と仕事をすることが多いので、お誘いがあったり当社にはない魅力を知ることもあります。ですが、「やっぱりこの会社がいいな」って思うんですよね。私を育ててくれた恩義や、会社のそういった努力、そして仲間…ここしか知らない私ですけど、だからこそ新しく入ってくるあなたに伝えたい。「この先のエンジニア人生を安心できるものにしたい。」そう考えている人には最適な職場だと思います。

プログラマー井上 慶彦入社4年

「札幌・安定」が入社の決め手

井上 慶彦

2013年新卒入社の井上です。私が就職活動をするにあたって重視したのは"札幌・安定"の2つでした。

旅行では道外に行くのも大好きですが、働くのはやはり生まれ育った北海道、その経済の中心である札幌がいいと考えていました。

安定というと大企業のイメージがあるかもしれませんが、私は"自分が活躍できること"が安定の第一条件だと思っています。会社が安定していても自分が放出されてしまっては元も子もありません。面接を重ねていくなかで、LICは、「積極的に前に出ていくタイプだけが評価されるわけではない」と感じました。私はそういうことはあまり得意でないので、自分の得意な技術で勝負できるところが気に入りました。

また、規模にしては開発の幅が広く、オフィスが自社ビルなのも、安定していそうと思った理由です。

いろいろな考えの方がいると思いますが、私は今のところ自分の就職に満足しています。よろしければ一度、話を聞きにきてください。